a

無料ブログはココログ

2011年2月13日 (日)

つながり

 友人のSさんが学校を作る動きをしています。否、実際にはもう立ち上げているのですが、いろいろな人の声を聞いて一緒に作っていきたいということのようです。「アメリカでは10人集まれば新しい学校が作れる」「3年ごとの審査はあるが、公的な資金も得られる」「そんな学校を作りたい」そんな思いを抱いています。

 昨日はそのSさんを私の知り合いに繋げる日でした。まずは不登校の親の会のOさん、Kさんと会うために定例会に足を運びました。親ではない立場の我々を温かく迎えてくださる姿勢に心から感謝です。参加者の方々には、突然の普段とは違った我々の存在にびっくりさせてしまいご迷惑をおかけしました。

 夕方からは、熱い人Kさんに会う時間を作って頂きました。いろいろな方と会うことでアイディアが生まれたり、ニーズを満たすものがあったり…、人と人が出会うってすごいことだなぁと改めて感じました。

 私もずっと「新しい学校を作りたい」という思いを抱いて過ごしてきました。でも、いろいろ考えるうちに子ども支援は学校でなくてもできるという風に変化してきています。私自身は「学校づくり」という夢から離れつつありますが、Sさんの思いを応援したいと思っています。新しい学校が生まれることは、今の教育の閉塞的な状況を打開する一つの手立てだと思うからです。

熱い人

 数日前Kさんと会ってお話をしてきました。子どもたちの支援、学校(教師)への支援、対話が少なくなってきた世の中に対して何かできないか?向き合うことが大切…などの話をしました。Kさんは私の周りにいる人の中でも「熱い人」で、なおかつ「動く人」でもあります。会って話をしているとたくさんの刺激を受けます。

 できることはまだまだある。頭で考えるだけでなく、実際に動かないと、と思いました。

2011年1月15日 (土)

地域活動をしよう!

 今日は年明け2度目の「Cafeふくろう」でした。仕事先で知り合ったIさん(偶然高校の後輩で部活も同じでした)と「地域活動」について語りました。地域の繋がりが薄れているこんな時代だからこそ、できることがあるのではないか、と。
 地域活動ということでは、「八千代<ひきこもり>と共に生きる会」と「こども安心スペース やちよ☆キャンディーボックス」があります。もっと広い範囲では色々とありますが、自分の身近な市町村という単位ではこの2つの活動が自分にとっては大きな活動です。人生で20回以上転居してきて地元というものが無いから、余計に地域というものに対する思いがあるのかも知れませんね。ここで暮らすオトナとして、たくさんの人と繋がりながらできることをしていきたいと思います。

 さて、喫茶店が好きな私ですが、「近頃の喫茶店はチェーン店ばかりで忙しなく、ゆっくりできるお店が少ない」と感じているので、ふくろうさんはなかなか良い居場所です。今年はたくさんの世話になりそうな気がします。よろしくお願いします。

2011年1月10日 (月)

作品展

アウトサイダーなIさんの作品展に足を運んできました。毎年この時期に作品展を開催していて、今年が3回目になります。

Iさんと知り合ったのは約3年半前、地元で子どもたちに関わるボランティアがしたいと思い探していたときに偶然出合いました。2007年7月ごろの日記にも書いていますが「Human Art Project」という活動にボランティアとして関わったのがきっかけです。

私は絵のことは分かりません。でも、Iさんの生き方・考え方に共感する部分があるのは事実です。そして、今年も足を運びました。一番の気付きはIさんの表情の変化でした。以前に比べて随分と清々しいお顔をされていました。作品もそういう意味では、以前よりすっきりしている印象を受けました。

人の縁というものは不思議なものですね。

2010年12月18日 (土)

嬉しいニュース

 最近嬉しい知らせを立て続けに耳にします。きっとそういうタイミングなのでしょう。友人S氏は「学校づくり」の動きをスタートさせています。SSWつながりのKさんは「事業の立ち上げ」を構想されています。数年前に知り合いの紹介でつながったHさんは「起業」されるということです。そして、そのどれもが子どもたちの支援なのです。嬉しい限りです。

 そして、私も「子どもたちが安心して過ごせるスペース」を年明けにスタートさせるべく準備中です。子どもたちのために、地域のおとなが手をつなぐ時期が来たようです。長い準備期間を経て、ようやく広がって来ている小さな動きをみんなで育てていきましょう。
 子どもたちのために、どうぞ皆様のお力をお貸しください。よろしくお願い致します。

2010年11月24日 (水)

Smile Kitchen

11月21日(日)プライベートな用事で出掛けたついでに、押上の「Smile Kitchen」さんに足を運んでランチをとりました。とろとろたまごのオムライスとタコライスを頂きましたが、どちらも優しい味でとてもおいしかったです。
そして料理だけじゃなくて、色々なお話もたくさん聞かせて頂きました。本当にありがとうございました。

一期一会という言葉が頭に浮かびました。本当にステキな時間でした。

ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願い致します。

2010年10月16日 (土)

Cafeふくろう

 久しぶりに「Cafeふくろう」さんに足を運びました。半年振りくらいでしょうか?ほっとできる憩いの場ですが、なかなか行けないのが悲しいところです。

 高校生の頃から喫茶店が好きで、大学生の頃は毎週のように近所の喫茶店に行っていました。珈琲自体も好きですが、この空気感がたまらないですね。喫茶店にはゆったりとした優しい時間が流れています。

 「Cafeふくろう」さんに来たのにはもう一つ目的があって、マスターと奥さんとお話をさせてもらうことです。マスターには八千代<ひきこもり>と共に生きる会の集まりにも何度か来て頂きました。奥さまは気遣いの人です。優しくステキなご夫婦です。

 美味しい珈琲をありがとうございました。また、寄らせて頂きます。

2010年8月14日 (土)

知的好奇心を刺激する学び

 今日は教育の分野でおもしろい動きをしているSさんとの打ち合わせでした。Sさんとは、数年前にPBLという学びのスタイルを通じて知り合いました。他との連携を嫌がらない姿勢と、地域活動に力を入れている手法は学ぶべき所がたくさんあります。業界的?に閉鎖的な団体が多い中で、こうして「子ども支援のため」協力できる所があるというのは、本当に心強いです。win-winな関係になるように、こちらもできることはしていきたいと思います。興味がある方は「PBLスクール千葉」を検索してみてください。

 日本の学校教育はもっと大きく変わって欲しいと思います。面白さや楽しさが感じられ、子どもたちの知的好奇心が刺激されるような学びが必要です。そんな学びができたら、おとなも子どもも楽しいはずですよね。ワクワクする未来を子どもたちに!そのためにも努力したいですね。そんなことを感じた時間でした。Sさんどうもありがとう。

2010年8月11日 (水)

CAPワークショップ

 先日たまたま時間が作れたので、知り合いが主催するCAPのワークショップに参加しました。CAPは子どもへの暴力防止の活動をしている団体です。
 
「児童虐待による痛ましい出来事」が後を絶たない現状に対して、何ができるかを考える良いきっかけになりました。Yさん、Aさん、Hさん、Sちゃんに会うことができ、とても幸せな時間でした。地元のCAPの方々は素敵な方々ばかりなので、いつもエネルギーをたくさん頂いています。周りにこういうエンパワメントしてくれる人たちがいたら、もっともっと人生は幸せなものになるはずです。そんな幸せの輪が広がればと願わずにはいられません。そして、願うだけではなく、もちろん広めていかないといけないですね。

 また、CAPワークショップには地元の友人も参加してくれました。20代半ばの頃に職場で知り合った友人です。今は一児の母ですが、忙しい中時間を作って来てくれました。ありがとうございます。

 私は今、たくさんのステキな人たちと繋がりながら生きています。そのすべての繋がりに感謝しています。

2009年9月18日 (金)

同窓会

 9月13日(日)高校時代の生徒会メンバーと顧問で毎年恒例の同窓会を開きました。かつて一つの目的に向かって力を合わせた仲間は、時が経っても変わらぬ絆を維持しています。高校を卒業してから今日まで、途中何年かの抜けはあったもののほぼ毎年集まっています。今年は「東京ドイツ村」でバーベキューでした。それぞれ仕事を持ち忙しくしているので、できるだけのんびりと過ごせ、メンバーの家族も参加するので子どもが退屈しない場所であることが会場の条件でした。ドイツ村へ向かうタクシーのドライバーさんからは「よくこんなところへ来たねぇ」なんていう最高のほめ言葉をもらいました(笑)。
 ドイツ村の率直な感想は「子どもは喜ぶかも知れないけど、おとなは一度で十分」というところ。もともとはゴルフ場の予定だったが認可が下りなかったということで、中身はゴルフ場さながら。園内も車で移動できるということだが、徒歩で行った我々は少々うんざり。秋らしい陽気ではあったが、まだまだ午後の日差しは強く、それだけでくたびれました。4才児の元気さに励まされながら、どうにか楽しんで帰って来ました。
 子どもとの追い駆けっこばかりで、仲間とゆっくり話をする感じではありませんでしたが、秋を満喫しエネルギーを充電した一日でした。子どものエネルギーおそるべし。

より以前の記事一覧