a

無料ブログはココログ

« 社会の欺瞞・おとなの責任 | トップページ | ナイト・ウォーク »

2013年2月23日 (土)

おとなとしての覚悟

子どものために何ができるか?おとなは責任を持って考えなければいけません。

先日とある学校の校長先生とお話しするために、学校を訪問させて頂きました。
学校の雰囲気・校長室の様子・校長先生の言葉・先生方の姿勢…、
「切り捨てではなく、すべての子どもの成長に責任を持つ」姿勢に熱いものを感じました。
残念なことですが、見て見ぬ振りをするおとなは多いです。
すべての子どもの成長を考える先生が、そして学校が増えたら、救われる子どもたちも多いだろうと思わずにはいられません。

いま、子どものことを第一に考えられるおとなを増やしていくことが大切です。
みんなで子どもの幸せを考えませんか?

« 社会の欺瞞・おとなの責任 | トップページ | ナイト・ウォーク »