a

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

「不登校の解法」

「不登校の解法 -家族のシステムとは何か-」 文春新書 団士郎著

 原因探しをするのではなく、家族をシステムととらえる家族療法をもとに不登校の家族と向き合う。家族療法の奥の深さを再確認…。

2011年1月19日 (水)

第2回 こども安心スペース

 1月18日(火)こども安心スペースの2回目の開催でした。今回また新しい方がスタッフとして加わってくださることになりました。ありがとうございます。関わるおとな(←当然こどもにとって安心できる存在であることが前提ですが…)の数が多くなれば、それだけ地域での繋がりができるということです。嬉しいことです。
 まだ始まって2回目なのに、随分前からやってきたような不思議な雰囲気が漂っています。とりあえず、細く長く続けることが重要だと思っています。焦らずゆっくりと、育っていくのを見守りたいと思います。

2011年1月15日 (土)

第35回八千代サロン

2011年初回のサロンの報告です。
通常通りの第3土曜日、1月15日(土)第35回八千代サロンが開催されました。今回の参加者は11名でした。
参加して下さった皆様本当にありがとうございました。新しく来て下さった方も本当にありがとうございました。

気になることなどあれば遠慮なく世話人までどうぞ。

1月のスイロクは26日(水)18:00~21:00です。
2月のサロンは19日(土)18:00~21:00
   スイロクは23日(水)18:00~21:00です。

お気軽にお越しください。今年もよろしくお願い致します。

地域活動をしよう!

 今日は年明け2度目の「Cafeふくろう」でした。仕事先で知り合ったIさん(偶然高校の後輩で部活も同じでした)と「地域活動」について語りました。地域の繋がりが薄れているこんな時代だからこそ、できることがあるのではないか、と。
 地域活動ということでは、「八千代<ひきこもり>と共に生きる会」と「こども安心スペース やちよ☆キャンディーボックス」があります。もっと広い範囲では色々とありますが、自分の身近な市町村という単位ではこの2つの活動が自分にとっては大きな活動です。人生で20回以上転居してきて地元というものが無いから、余計に地域というものに対する思いがあるのかも知れませんね。ここで暮らすオトナとして、たくさんの人と繋がりながらできることをしていきたいと思います。

 さて、喫茶店が好きな私ですが、「近頃の喫茶店はチェーン店ばかりで忙しなく、ゆっくりできるお店が少ない」と感じているので、ふくろうさんはなかなか良い居場所です。今年はたくさんの世話になりそうな気がします。よろしくお願いします。

2011年1月12日 (水)

こども安心スペース

 地域のおとなたちと連携して、新しい動きを始めました。定期的な「こども安心スペース」の開催です。

 昨年末、地域のとある団体の方から突如頂いた、「ありがたい提案」から始まって約1カ月。ようやく形としての本格的スタートを迎えました。まだまだこれからみんなで作っていくところですが、スタートを迎えたというのは大きな大きな一歩です。内容としては、夜の時間に開催される不登校の子どもたち対象とした「安心スペース」の開催です。地域の中に子どもたちが安心できる場所があること、ゆっくりできる時間があること、繋がれる人がいることそれが大切なことだと思っています。そして、それを実現する場になればと思っています。
 おとなたちも素敵な方々が集まり、和気あいあいとした雰囲気で準備してきました。そして10代の子もスタッフの仲間入りをし、おとなだけではない繋がりになりました。これからどんな形になっていくでしょう。楽しみです。

2011年1月10日 (月)

作品展

アウトサイダーなIさんの作品展に足を運んできました。毎年この時期に作品展を開催していて、今年が3回目になります。

Iさんと知り合ったのは約3年半前、地元で子どもたちに関わるボランティアがしたいと思い探していたときに偶然出合いました。2007年7月ごろの日記にも書いていますが「Human Art Project」という活動にボランティアとして関わったのがきっかけです。

私は絵のことは分かりません。でも、Iさんの生き方・考え方に共感する部分があるのは事実です。そして、今年も足を運びました。一番の気付きはIさんの表情の変化でした。以前に比べて随分と清々しいお顔をされていました。作品もそういう意味では、以前よりすっきりしている印象を受けました。

人の縁というものは不思議なものですね。

ネモネット理事会

1月9日(日)ネモネットの理事会に随分久しぶりに足を運びました。なかなか日程を合わせることができず欠席ばかりなので、年の始めということもあり何とか時間を作って出かけてきました。

私は、ネモネットの中では「ネモサロン」を担当しています。今から4年くらい前でしょうか、子どもでも親でもない方の居場所がないということで、ネモサロンが始まりました。世代や立場を超えたつながり、そしてのんびりと安心して過ごすことができる空間というのが魅力で今まで続けてきました。
約2年前からは決まった場所でのサロンではなく、キャラバンという形に変更し、千葉県内の色々な団体と共催する形でサロンを開催してきました。野田市、松戸市、千葉市、佐倉市、木更津市、市原市・・・。色々な場所で開催すると、新しい方々に出会うことができます。そして、新しい繋がりができます。

この「キャラバン」という活動を通して、ネットワークの意義や重要性というものを肌で感じることができたのが一番の収穫でした。この取り組みが今後どういう形になっていくのかはまだまだ未知数ですが、県内の団体同士が繋がって、恒常的でなくても新しい取り組みができることは良い刺激だと思っています。
キャラバンに関わることができ本当に楽しかったです。協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。

2011年1月 6日 (木)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

2011年が始まりました。今年はどんな年になるでしょうか?色々な苦しいことやつらいことがあっても、希望を失わずにいることが大切だと思います。そして、何よりも希望の持てる社会であることが重要だと思いますので、少しでも誰かの、そして何かの役に立てるように、自分のできることに全力を尽くしたいと思います。

2010年は私にとっては種まきの1年でした。
【活動】
・「八千代<ひきこもり>と共に生きる会」は、世話人が増え活動も安定し、少しずつ活動の幅が広がってきました。
・「ネモネット」のネモサロンキャラバンは、小さいけれど確かなつながりを作っています。面白くなってきたところですが、今年は引き継ぐ予定にしています。
【学び】
・「通信教育」は実習も含め無事に修了し、あとは国家試験を残すのみとなりました。これからが追い込みです。
・その他の学びからは随分と遠ざかってしまった一年でした…。国家試験が終わったらまた幅を広げたいです。
【繋がり】
・不思議な繋がり、意外な繋がり、面白い繋がり…。たくさんの繋がりがありました。大切にしていきたいと思っています。
【夢】
・「こども安心スペース やちよ☆キャンディーボックス」の本格的な準備が始まりました。長年の夢だった不登校等の子どもたちの安心スペースがいよいよ始まります。

今年は大きく踏み出す年になればと思っています。今年もどうぞよろしくお願い致します。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »