a

無料ブログはココログ

« スイロク パート16 | トップページ | スクーリング1日目 »

2010年9月 2日 (木)

特別支援学級

 K区の公立中学校に設置されている特別支援学級を見学して来ました。新しい場所に行くと、学びと気づきが得られるのでいつもワクワクします。
 最寄り駅から歩いて10分。刺すような真夏の日差しの中、日陰のほとんど無い道をのんびり歩いていきました。周囲には学校がたくさんあるようでした。子どもの数が多いのでしょうか?気になります。学校に着くと、授業時間のようで、昇降口も校舎内も静まり返っていました。暑さは続いていますが、夏休みはもう終わりなんですね…。廊下で受付表に記入し、1階の教室に入ると、中では10人ほどの子どもたちが先生の話を聞いていました。案の定後ろを振り返ってみる子どももいました(笑)。そこから約3時間、数学と音楽の授業を見学し、先生方と個別にお話をさせてもらい教室を後にしました。
 元気で礼儀正しい子どもが多かったです。授業中や休み時間の子どもと先生のやり取りは、本当に微笑ましい光景でした。そんな姿を見ていて、学校の子どもたちや施設の子どもたちを思い出してしまいました。やっぱり子どもは可愛いですね。また、教室移動の時には、子どもたちが声をかけてくれました。ありがとう。
 音楽の先生の力の入れ方はコワカッタです。学級の壁に貼ってあった自己紹介で、苦手な科目に音楽が多かった理由が分かった気がします。子どもたちのまとまりには驚きましたが…。
 現在、地域でできることを模索しています。

« スイロク パート16 | トップページ | スクーリング1日目 »