a

無料ブログはココログ

« つながりの大切さ | トップページ | 「④」 »

2008年10月13日 (月)

なつかしの食材

 輸入食品を扱っているお店で懐かしいものを見つけてしまい、ついつい買ってしまいました。買った商品は「パルミット(PALMITOS)」という椰子の若芽で、主にサラダなどに入れて食べます。ホワイトアスパラガスのような風味と、タケノコのような食感のある食材です。以前ブラジルに行った時に食べたり、日本でブラジル人の友人と食事をした時に食べさせてもらったりしました。輸入食品を扱っているお店では時々目にすることができます。1瓶600円強でした。
 早速家に帰って「ドライトマト」と「かぶ」と一緒にサラダにして頂きました。パルミットを食べたのは実に6年振りくらいでしたが、懐かしい思い出と共に美味しく食べました。
 他にも懐かしいブラジル料理があります。
「パステル(PASTEL)」…挽肉の入った揚げパイ
「コシーニャ(COXINHA)」…鶏もも肉のコロッケ
「フェイジョアーダ(FEIJOADA)」…黒豆と豚肉を煮込んだ料理
 あとはペルーの方にご馳走してもらった「セビーチェ(CEBICHE)」…魚のマリネもとてもとても美味しかったです。久しぶりに食べたくなりました。

« つながりの大切さ | トップページ | 「④」 »