a

無料ブログはココログ

« シアワセメモvol.3 | トップページ | 子どもに寄り添えるおとなでありたい »

2007年11月11日 (日)

楽をすること

 私は楽をすることに魅力を感じない人間です。おそらく「楽をすること」によって大切なことを見落としてしまうことが増えるからだという気がします。最近「仕事を終えて家に帰ってから料理をするのは面倒ではないですか?」という質問を受けました。そうなんです。面倒だと思ったことがないんです。それは毎日の習慣であるし、料理を作らないことの弊害のほうが大きいからです。外食で済ませるとかコンビニで十分ということは私にはありません。料理をすることってそんなに苦ですか?私は生きていくうえで当然のことだと思ってしまうのですが…。ファミレスやコンビニが無い時代だってあったわけで(私が子どもの頃はコンビニなんてありませんでしたし、今だって山村で暮らせばそんな便利さはどこにもありません)、現代の何でも手に入る便利さに完全に身を浸してしまったら、生きていくということを見失ってしまう気がします。それだけで十分恐ろしいことだと私には感じられます。教育の世界では「生きる力」「生きる力」と言うけれど、生きる力ってなんでしょうか?“システムの中で能力を発揮できる力”が生きる力でしょうか?“世の中の流れを敏感に感じ取って先を読んで行動していくこと”が生きる力でしょうか?“PISA型学力をつけること”が生きる力でしょうか?経済効率とかキャリア教育という発想にどうもついていけない私がいます。

« シアワセメモvol.3 | トップページ | 子どもに寄り添えるおとなでありたい »