a

無料ブログはココログ

« 子どもたちの為にできること | トップページ | 「発達障害かもしれない」 »

2007年10月29日 (月)

後悔なく生きる

 台風一過の素晴らしい晴天の一日。秋を満喫しながら一日を過ごしました。もともと私は「休日はのんびり休みたい」派なんですが、最近は「動くことでリフレッシュ」派に変わりつつあるようです。やりたいことがたくさんあるんで、休みの日に動かないと何もできなくて勿体無いですからね。後悔なく生きるためにライフスタイルのシフトチェンジをしているようです。

 午前中は掃除や洗濯をして、大好きなサックスの曲をBGMに美味しい珈琲を飲みました。本当に癒される時間です。おまけに近所のスーパーで地元産のサツマイモを一山200円で買ってきました。蒸かして食べたところ、本当に甘くて美味しかったです。今度は「サツマイモとりんごの重ね煮」を作ろうと思います。秋は食べ物が美味しくて本当にステキな季節ですね。

 午後からは落ち葉を踏みながら駅まで40分のんびりと歩きました。イチョウの葉の黄色と雲ひとつ無い真っ青な空のコントラストが目にまぶしかったです。色彩感覚の弱い私もこういった景色には心を奪われます。そして暑いくらいに照りつける陽射しを浴びながら、電車で移動しY市政40周年記念市民文化祭の市民美術展を観に行きました。Human Art Projectで関わっている方々の絵が展示してあるということで足を運んだのですが、絵の世界は境界線や垣根があまりないのでしょうか?「障害の有る無しに関わらず絵は絵として観ることができるなぁ」と感じました。

 その後隣のS市で「子どもの居場所を立ち上げようとしている」というNさんとAさんと喫茶店でお話させて頂きました。こうして子どもたちの為に本気になっている人が繋がっていったら、世の中もっともっと生き易くなるのになぁと思いました。協力し合いながら、助け合いながら、おとなたちが本気で生きていくことが求められている気がします。そういう姿勢のおとなが増えることを心から願っています。

 その後、また移動してネモサロンに参加してきました。主に子どもでも親でもない人が中心となって、生きづらさを抱えたままで生きていける方法はないのかなどをのんびりお茶しながら話しています。今回は新しい方の参加もあって、実りある時間だったなぁと私個人は思いました。

 その後またまた移動して、本日の最終部「地元Y市で生きづらさを抱える人と共に生きよう」という話でHさんと盛り上がりました。Hさんはひきこもりを研究されている先生なので、その専門分野でボランティア活動を始めようという話になっています。まだまだ検討段階ですが、できることはいろいろあるはずです。

 さぁ、元気を充電しました。今日も一日笑顔で過ごしましょう!!

« 子どもたちの為にできること | トップページ | 「発達障害かもしれない」 »