a

無料ブログはココログ

« 「ぼくの出会ったアラスカ」 | トップページ | 「ハリーポッターとアズカバンの囚人」 »

2007年8月 2日 (木)

夏の訪れ

 8月1日ようやく関東地方にも梅雨明け発表が出ました。気がつけばもう8月なんですよね…。「過去4番目の遅さの梅雨明け」だそうです。やっぱり地球の環境は大丈夫なのだろうかと心配になってしまいます。

 「夏休み」といえば皆さんはどんな思い出があるでしょう?なんだか自分が子どもの頃と今の子どもたちの生活の間にはもう随分と差があるように感じます。そんなに昔のことではないはずなのに、なんだか古い古い時代の話のような気がしてしまうのは気のせいでしょうか。私は父親の転勤の関係で兵庫県神戸市で幼少の頃を過ごしました。夏休みといって思い出すものは、「虫捕り」「駄菓子屋」「貸し本屋」「冒険」「ガチャガチャ」「メンコ」「プール」なんて感じでしょうか。ワクワクしながら毎日を過ごしたものです。今思い出しても胸がときめくような思い出がたくさんあります。けれどいつの頃からか夏が嫌いになりました。たぶん関東に引っ越してきてからです。自分を取り巻く空気の違いに戸惑った日々を今でもはっきりと思い出します。人生で初めて「登校拒否(不登校)」ということを意識した日々です。

 横道にそれてしまいましたが、夏休みのワクワク感は今でも子どもたちから感じます。けど、もっともっと遊んで欲しいなぁと感じます。冒険しましょう。今しかない時間の中で何ものにも変えがたい経験をたくさんして欲しいと思います。

« 「ぼくの出会ったアラスカ」 | トップページ | 「ハリーポッターとアズカバンの囚人」 »