a

無料ブログはココログ

« 「降りていく生き方」 | トップページ | 自分を見つめ直す »

2007年6月30日 (土)

幸せ空間

 本日はかつての教え子の内定祝いということで代々木のジャズバー「代々木Naru」へ行ってきました。久しぶりに足を運んでみましたがやっぱりステキなお店でした。行くたびにステキな人と音に出会っています。不思議な夢のような空間ですね。本日のステージはギラジルカさん(Vo)井上ゆかりさん(P)はたけやま裕さん(Per)のステキなライブでした。ステキなんて安っぽい言葉でしか表現できない自分が情けないです。でも本当に心が揺さぶられる演奏でした。興味のある方は是非代々木Naruかそれぞれの方のライブに足を運んでみてください。ギラさんの歌は温かい人柄がそのまま出ているような深みのある力強い歌声でした。そして関西弁のそのトークもまたステキでした。井上さんは少し離れていたので演奏をよく見ることはできませんでしたが、ステキな笑顔でお二人と目配せしながら演奏している楽しそうな表情がとても印象的でした。そして畠山さんの多彩なパーカスの音色もとてもとても良かったです。本当にどの曲もそれぞれにステキだったんですが、なかでもひかれたのはパーカッションの低音の響きでした。体に震えが走る感覚を何度か覚えました。華奢な畠山さんのしなやかでいて力強い手の動きには本当に目が釘づけになりました。「あぁ、自分は打楽器の音色が好きなんだ」と生まれて初めて気が付きました。けど、振り返ってみれば、いつもライブ時に目が行くのはドラムなどの打楽器の方なんですよね。とてもとても原始的な楽器なのに魅力的なのは、きっと音もさることながらリズムが関係している気がします。低音の響きは心臓の鼓動と似ていて、母の体内にいたころを思い出すという話を聞いたことがあります。本当かどうかは分かりませんが、なんだか自分の存在というものまで考えてしまった次第です。とにかくステキな夜でした。

« 「降りていく生き方」 | トップページ | 自分を見つめ直す »