a

無料ブログはココログ

« シアワセメモvol.2 | トップページ | 攻めの姿勢 »

2007年6月 7日 (木)

自己肯定感

 「一人でも多くの子どもたちが幸せになれるように」そんな思いで日々を送っています。「子どもたちが幸せになるために自分は何ができるのか?」それを問い続けた結果、今の自分があります。学生の頃からずっとそればかりを考えてきたようにも思います。
 子どもたちと関わる生き方はたくさんあります。けれど自分の知っている職業はどれも自分の求めているものではありませんでした。けれど道が見つからず、自分が知っている子どもとの関わりを片っ端からやってみて、結局離れて、それでも求め続けているというところでしょうか…。だから、いまだに夢追い人なんですね。けれど今年開業して、少しまた求めるものに近づいたような気がしています。
 特別支援教育、スクールソーシャルワーク、教育カウンセリング、家族カウンセリング…学びたいことが山ほどあります。幸せすぎる人生です。
 今年開業して一番の収穫は、自分の目的がより明確になったことで、いろいろな情報が入ってくるようになったということです。「求めれば道は拓ける」そんな言葉が頭をよぎります。今までも常に目的は持っているつもりでした。でも、きっとその持ち方が、意識が、腹のくくり方が、足りなかったのでしょう。
 目的が明確になってやるべきことがはっきりした今、躊躇ったり、面倒臭がったり、先延ばしにすることはありません。知りたいことを片っ端から調べ続けることが自分にとってのベストな方法だということが分かったんです。
 道は創るものです。そんな当たり前のことを確かな手ごたえとして実感する日々です。まだまだ試行錯誤の日々ですが、それもすべて納得の上での試行錯誤です。

« シアワセメモvol.2 | トップページ | 攻めの姿勢 »